医療保険の対象範囲

審美歯科と医療保険

医療保険とインプラント治療

医療保険にインプラント治療に対応したものがあると聞いたことはありません。この治療は、歯科治療で従前までなら、差し歯や入れ歯で対応していたものが、人口の骨を顎等の骨に直接埋め込んで、人口の歯を埋め込むものです。口の中は入れ歯等に変わって人口のものを使用します。この治療費は健康保険等の対象となっていないため、かなり高額です。おそらく、この治療で仮に入院しても医療保障の対象にはなりません。なぜなら、この治療法は患者側に選択権があるからです。治療は治療でも、生命に関わる治療ではないし、美容の一環の面もあるからです。

インプラント治療は歯茎にチタン製などの歯根を直接埋め込む治療法であり、入れ歯や差し歯、ブリッジなどのほかの治療と比較して審美性が優れており、機能も自分の本来の歯に近いものとなります。しかし、治療に必要な費用には医療保険が適用されないので費用は高いものとなっています。しかし元気な周りの自分の歯に負担が掛からないので機能としては他の治療法に比べ一番優れているでしょう。医療保障で治療が行えるブリッジなどでは回復することが出来なうような症例の場合には先進医療として一部保険の適用を受けること出来ることもあるます。

Firefox ブラウザ無料ダウンロード